私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

9・23全日本プロレス後楽園ホール観戦記

 シルバーウィークも最終日、今日はお昼に全日本プロレスを観に後楽園ホールに行ってきました。水道橋界隈は巨人の優勝M1という事もあり、ユニフォーム姿のファンがいっぱいいた。そんな中、後楽園ホールに行って来ました。

 第1試合は、渕正信VSヘイトのシングルマッチ。世界ジュニア挑戦を表明したヘイトは、現在90キロまで落としたらしい。ヘビーだった選手がジュニアのタイトルマッチに挑戦するのはそんなにないよね。今回の一戦でも勝利を手にしたので、実現には近づいた感じかな。
b0082484_21581117.jpg
b0082484_21583282.jpg
b0082484_21584650.jpg
b0082484_2159218.jpg

 第2試合は、真田聖也VSMAZADAのシングルマッチ。ジュニアVSヘビーだが、キャリアで行ったらMAZADA選手のほうが圧倒的に多い。試合の8割はMAZADA選手が制してたら、最後は真田選手がジャーマンスープレックスで勝利。
b0082484_224724.jpg
b0082484_2242374.jpg
b0082484_2243549.jpg

 第3試合は、船木誠勝VS河野真幸のシングルマッチ。船木選手の試合は、一種の緊張感がある。今回もピンと張り詰めた空気が漂っていた。26日の鈴木みのる選手とのシングルは見ものだね。
b0082484_2264883.jpg
b0082484_227440.jpg
b0082484_2271760.jpg
b0082484_2273259.jpg
b0082484_2274674.jpg
b0082484_2275963.jpg
b0082484_228956.jpg
b0082484_2282065.jpg

 第4試合は、武藤&西村&カズVS諏訪魔&征矢&クレイジーの6人タッグマッチ。この試合はいくつもの前哨戦を汲んでるが、一番目立ったのは征矢選手だった。まさか西村選手からフォール勝ちを収めるとは思わなかった。26日長州選手と組んで、西村&真田組と戦うが26日に向けて良い弾みになったかな。
b0082484_22112148.jpg
b0082484_22113959.jpg
b0082484_22115178.jpg
b0082484_22121093.jpg
b0082484_22122894.jpg
b0082484_22124711.jpg

 第5試合は、高山善廣VS近藤修司のシングルマッチ。この試合はなかなかの好カード。実際、凄いぶつかり合いになった。勝敗を分けたのは、体格だけだろう。もう一度、じっくりと見たいカードだ。
b0082484_2217581.jpg
b0082484_22172080.jpg
b0082484_22173492.jpg
b0082484_2217489.jpg
b0082484_2218689.jpg
b0082484_22181886.jpg
b0082484_22183945.jpg

 セミファイナルは、アジアタッグ選手権試合(王者組)鈴木&論外VS(挑戦者組)曙&浜のタッグマッチ。いや~でかいのはプロレスでは武器だね~そんな事を思わせる試合だった。浜選手の足はかなり痛めていたけど、なんとか凌いで最後は曙選手のダイビングボディープレス。力道山時代からあるアジアタッグを相撲出身者の二人が手にしたのは、相撲出身の力道山も喜んでるかもね。
b0082484_222338.jpg
b0082484_22232489.jpg
b0082484_22234061.jpg
b0082484_22235526.jpg
b0082484_22241145.jpg
b0082484_22243194.jpg
b0082484_22244656.jpg
b0082484_22245879.jpg
b0082484_22251023.jpg
b0082484_22252711.jpg

 メインは、(C)小島&ゾディアック&KAI&大和VS(C)TARU&ジョー&稔&歳三のキャプテンフォールマッチ。前半は、F4の方がゾディアック&KAIが相次いで失格になり不利になったが、大和選手の頑張りや児島選手のラリアットなどで、見事に逆転勝ち。まだまだユニットとしては始まったばかしのF4だけど、ゾディアック一人が加わった事によって、いろんな組み合わせも考えられるし今後に期待かな。
b0082484_22303949.jpg
b0082484_22305322.jpg
b0082484_2231420.jpg
b0082484_22311931.jpg
b0082484_22313211.jpg
b0082484_22314379.jpg
b0082484_22315285.jpg
b0082484_2232144.jpg

 
 今回はアジアタッグが印象に残った。曙&浜がベルトを手にした事で、これからのタイトル戦線も楽しみだし、戴せない手にもいろんなタッグが挑戦してきそう。今回負けた鈴木&論外や西村&真田、小島&KAIもタイトル戦線に絡んで来るだろうし、ジュニアからカズ&近藤なんてチームも面白そう。アジアタッグは日本一古いタッグタイトルなだけに、歴史もあるしもっと光を当てて欲しいね。

人気ブログランキングへ←現在第4位。久々にちゃんと観戦記を書いたかな~
[PR]
by yakojik | 2009-09-23 22:39 | プロレス