私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

媚びるプロレスは面白くも無い。

 9月26日の横浜文体での鈴木みのるVS船木誠勝の一戦は、ここ最近では珍しい反則裁定になった。

 大一番で反則裁定は、ここ数年記憶に無い。会場ではブーイングや「延長」コールが起こったらしい。(早く映像が見たいな)

 27日、武道館では小橋選手と武藤選手が始めて対戦した。二人がリングで向き合っただけで、凄い緊迫感があったが、冷静に見てみると二人が出した技というのは日頃から出してる技に過ぎず、特別新技とかは無い。

 鈴木VS船木の一戦と小橋VS武藤の対戦は、ある意味一緒の類になると思う。最近のプロレスは、ファンに媚びてる様な攻防をする選手が多い。そしてファンもこの攻防になったらあの技だと決め付けてる所がある。自分の思い通りの攻防じゃないと、下手な野次を飛ばしたりしてるし。週プロにも同じような事を書いてて、もの凄く共感が出来た。

 ファンに媚びるプロレスなんて、面白くも無い。ファンを自分の動き一つで見せられるプロレスこそ、本当のプロレスリングじゃないかな。

人気ブログランキングへ←現在第4位。試合の攻防を楽しめるのもプロレスの楽しみだと思うんだけどな~
[PR]
by yakojik | 2009-10-01 23:36 | プロレス