私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

好きなプロレスラーシリーズ スタン・ハンセン

 好きなプロレスラーシリーズ1    スタン・ハンセン

 身長 195cm 体重140kg(おそらく今はもっと痩せていると思う)

主なタイトル 三冠ヘビー(PWFヘビー、インターナショナルヘビー、UNヘビー)、AWAヘビーNWFヘビー、WCW・USヘビー世界タッグ(PWFタッグ、インターナショナルタッグ)、USタッグ

 1976年4月23日、MSGでブルーノ・サンマルチノの首を折った事件をきっかけに浮上。1975年9がつに初来日(全日本プロレス)だが、1977年1月新日本プロレスに参戦、アントニオ猪木のライバルになる。1977年猪木からNWFヘビーを奪取、1981年新日本を離脱、81年最強タッグブロディー&スヌーカーVSドリー&テリーに乱入、1982年新春シリーズから全日本に参戦、1983年ジャイアント馬場からPWFヘビーを奪取、1985年リック・マーテルからAWAヘビーを奪取、1986年ジャンボ鶴田からインターナショナルヘビーを奪取、これを機に三冠統一の流れになる。1989年ジャンボ鶴田との三冠統一戦に敗れたが、1990年テリー・ゴディを破り第5代三冠王者になる。1991年ダニー・スパイビーと組んで、ゴディ&ウイリアムス組みから世界タッグを奪取。1992年ジャンボ鶴田を破り三冠奪取、同年チャンピオンカーニバル全勝優勝、1993年テッド・デビアスと組んで、川田&田上から世界タッグを奪取、同年チャンピオンカーニバル2連覇、1994年川田との三冠戦は年間最高試合を受賞。1995年川田を破り通算4度目の三冠奪取、1996年ゲーリー・オブライトと組んで世界タッグ奪取、1998年ベイダー、1999年田上と組んで、2年連続の最強タッグ準優勝、2000年新三冠王者決定トーナメント準決勝で天龍源一郎に破れ長期欠場になる。2001年1月28日の東京ドームで引退セレモニーが行われた。
 レスラー最後の試合は、2000年10月28日日本武道館での6人タッグマッチ
 ハンセン&ウイリアムス&ウルフ・ホークフィールドVS渕&藤原&スミス

 やっぱしハンセンといったら、ウエスタン・ラリアット!!この1発でここまできたレスラーだ。いくら左腕を痛みつけられようと、最後はラリアット、きっと他の技でフィニッシュする事を自分で認めなかったんだろう。東京ドームの前の日、ファンとのイベントがあった、そこにいたハンセンは、もうレスラーの怖い顔じゃなく、やさしいおじさんだった。みんなと写真を撮ったり、質問したり、大雪の中多くのファンが集まっていた、自分も写真を撮ってもらった。今でも大事に持っている。
[PR]
by yakojik | 2006-05-30 21:35 | プロレス