私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

面白いとゆうことと好きとゆうこと

 昨日のハッスル・エイド、PPV観戦をしたのだが、そこで気になったことをいくつか書きたいと思う。昨日書いたことは、除かせてもらいます。

 TVで見ている限りなのだが、ハッスルはTVプロレスだと思う。TVのプログラム通りに進む番組を作っている感じ。

 メインから最後の高田総統の流れなど、見事なプログラムだと思う。別にそれが悪いとは言わない、WWEも最初っから最後までTVプログラムで進んでいるのだし、自分もその事に関してノーとは言わない。

 ただこれから会場に足は運ぶか?と言われたら、自分はノーだ。

 会場で見るよりもPPVで見ているほうが、見やすいという事が分かったからだ。

 そりゃ当たり前のことだが、PPVがあってもハッスルに足を運ぼうとは思わなかった。思わせる何かが無かった。今まででもPPVがあっても会場に足を運んだことはいくつもある・・・・・・

 ハッスルには、見ていて感動とか興奮が無いのだ、面白いのは面白いだけど、そこには自分を夢中にさせてくれるプロレスが無いのだ。

 これはあくまで自分の考えだから、第三者がどう思うとかじゃなく、他の人がハッスルを好きって言うんならそれはそれで良い事だと思う。

 ハッスルは面白いけど、自分は好きじゃないんだろう。

 
[PR]
by yakojik | 2006-06-18 12:15 | プロレス