私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

絆が大きな輪になって

 この頃仕事が忙しく、ブログを書く時間がこのぐらいになっちゃってます。

 小橋選手の退院、健介選手が明日退院するらしいです。一応それまでこの記事は書くのを待ってた次第でして、ようやく書く事が出来ます。

 高山選手の復帰に伴い、小橋選手が腎臓に腫瘍が見つかり、手術のため高山選手の復帰戦を欠場、小橋選手の欠場に伴い、健介選手が出場を快諾、だが柴田選手との試合中による怪我(左目眼窩低骨折)により左目を負傷、それでも健介選手は全日本の2大会、ノアの武道館に強行出場、一夜明け怪我を表明、馳浩引退興行の金沢大会を欠場する事になった。その代役は、全日からのオファーにより馳先生が自ら選手として出場する事になった。


 ハッキリ言ってこれだけの一流選手が、病気や怪我などで欠場するような事になって、ファンとしては寂しい限りだが、その事だけに目を向けてはいけないと思う。

 
 自分は小橋選手が欠場して健介選手が出場した事、健介選手が欠場して馳先生が出場した事にプロレスファンでいて良かったと強く思った。


 小橋選手と健介選手の絆、健介選手と馳先生の絆、ノアと健介オフィスの絆、健介オフィスと全日本の絆を物凄く感じたからだ。プロレスラーがプロレスによって築いた絆が大きな輪になって、マイナスをプラスに働いてる、そう感じたからだ。

 プロレスラーの絆は、これからも大きな輪になって、ファンもその輪に見せられて会場で大声出して楽しみたいね。
[PR]
by yakojik | 2006-07-27 23:46 | プロレス