私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ROAD TO 両国 グレート・ムタ VS TAJIRI

 第2弾はグレート・ムタ VS TAJIRIについて自分の考えを書いていきます。

 知ってる人がほとんどだけど、2人ともアメリカで成功した選手だ。アメリカで成功した選手は本当に少ない、自分の知ってる限りだと、ジャイアント馬場さん、キラー・カーン、ザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、FUNAKIそしてTAJIRI(他にいたらすいません)


 メキシコでは、ウルティモ・ドラゴンが有名だが、アメリカではパッとしなかった。アメリカのプロレス(主にWWEだが)は、いくら他で有名でも、自分の所にあった選手、しっかりとレスリングが出来ない選手、ストーリー上で活躍出来ない選手は、すぐに首を宣告される。かなり厳しい世界だ。


 そんな中、TAJIRIは、メキシコからECWへ転進しECW崩壊後WWEへとステップアップした。ECW崩壊後WWEに行った選手は、ごくわずかだった。そんな中TAJIRIはWWEに認められたのだ。その後の活躍は、皆さん知ってる通りだ。


 その対戦相手のグレート・ムタ・・・・・・・今はない、NWA(WCW)で活躍した選手だ。スティング、リック・フレアーらと日本人で当時戦った選手は、グレート・ムタだけだろう。それほどトップグループに食い込んでいた。日本人がどうやってアメリカで活躍できるかのお手本のような選手だと思う。

当時からいくつかのイメージチェンジを繰り返して、両国国技館のリングに立つ。今度はどんなムタを見せるのか?それに対してTAJIRIは融合出来るのか?その決着のリングはもう少しで訪れる。

 
[PR]
by yakojik | 2006-08-26 00:15 | プロレス