私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブレット・ハートという生き方

 ビンス・マクマホンが唯一自分の思うとおりにならなかった男が、ブレット・ハートだ。

 有名なのが、モントリオール事件。WWEの方向転換を批判したブレッドがWCWに移籍する事が決まった。ブレッドが持っていたWWE世界ヘビー級王者をカナダのモントリオールで開かれるサバイバーシリーズ1997でマイケルズに負けるように通告した。しかしブレッドは地元のカナダでのタイトル返上を拒否した。翌日のRAWでのタイトル返上するというストーリに変更になった。

 しかし、モントリオールで事件は起こった。試合中、マイケルズがブレットにシャープシューターを仕掛けたところで、レフリーのアール・へブナーがゴングを要請して試合終了。王者がマイケルズに移動してしまったのだ。ビンスにはめられた事に気付いて、ブレッドはリングからビンスに唾をはきかけ、機材を壊し、控え室に戻ったブレッドは、マイケルズに詰めより、ビンスの控え室まで行ってビンスを殴りに行った。

 その後のブレッドは、WCWに移籍したがビル・ゴールドバーグを破りWCW世界ヘビー級王者を獲得したが、この試合で脳震盪を起こしこれが元で2000年10月26日引退。

 2002年に脳梗塞になり半身不随になるが、必死のリハビリによって現在は普通に生活している。

 2005年にブレッドの活躍をまとめたDVDが発売になった。2006年には、WWEの殿堂入りをはたすが、式典後の翌日に行われたレッスルマニアには見向きもしないで、自宅へと帰っていった。

 ブレットはこの時期には珍しいプロレスをしっかりとするレスラーだった。体格的には大型選手が多かったWWEの中では小さな部類だろう。だがグランドレスリングに試合運びのうまさもあって、王者としてしっかりとした地位を築いていた。WWEの方向転換(DXのプッシュ)や自分よりマイケルズの方がギャラが多い事に対しても批判していた。それほど自身のプロレスに対して自信があったんだろう。その後もビンス(WWE)から何回もリングに上がるように要請されても、決してYESとは言わない男だ。そんなブレットは、自分はかっこいいと思う。
[PR]
by yakojik | 2006-09-21 23:32 | プロレス