私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

再起戦を見て思ったこと

 昨日見に行った、大日本プロレス桂スタジオ大会について、山川竜司選手の再起戦を見て思ったことを書いていきます。

 再起戦の前に山川竜司選手のこれまでの流れが、ビジョンで会場に流された。山川竜司に思い入れのあるファンの方、おそらく山川竜司選手の現役時代を知らないファンの方(こっちが大多数だろう)みんながビジョンを見ている。大日本道場で若手と練習をしている山川竜司選手が映されていた、大量の汗をかき、やる気がみなぎってる模様だった。

 会場には山川竜司を応援しようという空気になっていた、最高の状態で山川竜司選手はリングに上がった。だが、山川竜司選手の見せ場は、試合の中では訪れなかった。金ちゃん、黒田、WX、2年前から最前線でリングに上がっていた彼らに、山川竜司選手が太刀打ち出来るはずも無く、見せ場は最後まで訪れなかった。

 試合後、マイクを使いこれからもやっていくらしい事を言ってたが、今の状態ではとてもやっていけないと思う。メインに出ていた選手たちの体をはった試合を見てしまうと、とても今の状態の山川竜司選手では、太刀打ち出来ないだろう。

 それに体調も良くないらしく(ヘルニアの悪化)そんな状態でリングに上がるのはどうかと思う。再起戦と言う事なら、なおさら良い状態でリングに上がらなければダメなんじゃないかな。

 昨日の試合を見た限りだと、おそらく次ぐのリングは無いかも知れないな。それでもリングに上がろうとするんなら、もう1度最高の状態を作ってからにして欲しい。じゃないと対戦相手にも失礼だし、見に来ているファンにも失礼だと思う。
[PR]
by yakojik | 2006-09-24 23:14 | プロレス