私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

AAAアントニオ・ペーニャ代表死去

 メキシコのプロレス、ルチャリブレ団体「AAA」の代表、アントニオ・ペーニャ代表が日本時間の6日メキシコ亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。


 メキシコのルチャ団体ではCMLLとAAAがメジャー団体で第3団体として、この前旗揚げしたバンピーロの団体「RXLL」が続き、その下にインディー団体がいる形になっている。


 CMLLがアレナ・メヒコ、アレナ・コロセオなどの常用会場を持ってるのに対し、AAAはビッグマッチをその都度変えて、メキシコ中を回っている。


 CMLLとAAAの大きな違いは、CMLLは昔ながらのルチャリブレを繰り広げている。反対にAAAはミゼットプロレスや女子プロレスとのミックスドマッチをいち早く取り入れ、CMLLには無い色を見事に取り入れた団体だ。


 そのアイデアを取り入れたのが、ペーニャ代表だった。ペーニャ代表はCMLLでも働いていたが、自分の団体を作りCMLLには出来ない方法で新しいルチャ団体を作り上げた。


 日本では、ノアやドラゴンゲートと親交を深めて、この前もノアにアビスポ・ネグロなどが来日していた。AAAにもKENTAやCIMAなどが来日している。


 数年前、後楽園ホールでAAAが興行を開いた。「INVADING JAPAN」「INVADING JAPANⅡ」自分は両方とも見に行った。ルチャリブレと言うプロレスは、まだ未経験の範囲だったので、ワクワクして見に行ったのを思い出します。ラ・パルカやシベルネティコ、チャーリー・マンソン、フーベント・ゲレーロなどAAAのトップ選手が来日して、かなり面白い興行だった。


 AAAと言う団体は、良くも悪くもペーニャ代表の団体だったから、これからのAAAはどの様になってしまうのか、かなり心配だ。それでも今までの色を無くさないで、より一層の発展を期待したい。

 
[PR]
by yakojik | 2006-10-08 00:57 | プロレス