私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

女子プロの衰退とこれからの未来に

 女子プロレスの衰退の原因は、全日本女子プロレスをひも解いていけばすべてが見えてくる。全女の全盛期には、武道館、国技館、横浜アリーナそして東京ドームで興行を開き、見事な観客動員をほこっていた。

 そんな女子プロレスがどうしてここまで衰退してしまったのか?1つは選手の離脱、ベテランになっていくに連れて離脱が相次ぎ、気付けば団体にはフリーの選手が所属選手よりも多いい事態になっていた。

 もう1つの原因は、経営がうまく行かなくなったからか、地方での興行を減らした事に原因があると思う。今の女子プロレスは、ほとんどが関東近郊での興行で、地方のファンには足を運ぶ事が出来なくなった。地方のファンには年に何回かの楽しみがなくなり、自然とプロレスから離れていった。(自分の知り合いも、昔女子プロが年に1回来てたのが無くなり、今は見なくなったという人もいる)

 女子プロの衰退は、このまま行かないためにも各団体が考えを出し始めている。NEOは自主的に、地方に出て今度は北海道でも興行を開く。仙女も地方ファンを自分の団体のファンに取り込み、サッカーでいう、ホーム団体にまで押し上げようとしている。LLPWも決して楽ではない中で、両国国技館大会を開き、久しぶりのビッグマッチに向けて機運が高まっている。

 それに今の女子プロには、新人が沢山そろっている。この新人をどのように育てていくかによって、これからの女子プロの未来が見えてくると思う。歴史のある女子プロを、このまま衰退していくのはハッキリ言って見たくない。是非とも頑張って欲しい。
[PR]
by yakojik | 2006-10-17 20:24 | プロレス