私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タッグの季節って事で、好きなタッグチームを書きます。

 タッグの季節って事で、好きなタッグチームを書きます。


 前にも書いたが、1番好きなのはハンセン&ブロディーの超獣コンビだ。ハンセンとブロディーのコンビに敵うタッグチームって数えるぐらいしかいないんじゃないかな?とにかくパワー、タッグバランス、プロレス頭など、すべてが揃ってるタッグチームだと思う。超獣コンビは自分にタッグの面白さを教えてもらったタッグチームだ。


 ザ・ロードウォリアーズ、このコンビを抜きにしてタッグは語れないよね。アニマル&ホークのコンビを始めてみた時は、度肝を抜かれた。モヒカン、逆モヒカンに顔にペイント、すべてが今までのタッグチームの概念を覆したタッグチームだ。初め見たのがTV東京の世界のプロレスだったと思う。そのウォーリアーズが来日するのに心がワクワクしたのを記憶している。


 なにげに好きなのが武藤&馳のコンビだ。プロレス頭の詰まったこのコンビは、プロレスらしいプロレスをするチームだった。馳さんはとにかくプロレスがうまい、誰とタッグを組んでもうまく相手をリードして、見事なタッグチームにしてしまう。健介&馳も好きだが、自分は武藤とのタッグの方が好きだな。


 女子だとアジャ&バイソン木村だね。アジャがブルに反旗を翻してバイソンと組んだあたりからアジャの凄みが出てきた。アジャは体が大きいが柔軟だしプロレス頭も働く凄い選手。ブル&井上京子との髪切りマッチでも堂々とイスに座ってたアジャは今でも脳裏に浮かびます。


 まだまだ素晴らしいタッグチームはあると思う。タッグはシングルにはない面白さが詰まった試合だし、いくつかの組み合わせも見ることが出来る。これからも素晴らしいタッグチームが生まれる事を期待しよう。
[PR]
by yakojik | 2006-11-21 23:39 | プロレス