私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

一撃必殺と言えばハンセンのウエスタン・ラリアットだろう

 ラリアットと聞いて、誰のラリアットを思い浮かぶかな~リキラリアット(勢いよく相手にぶつかって行くようなラリアット)、ジャンボラリアット(相手を叩きつけるようなラリアットだったな~)小橋選手の豪腕ラリアッ(あの太い腕でラリアットをくらったらそりゃ負けるよな)、小島のラリアット(新日時代に比べたら、段違いに威力を増してるし、必殺技として大切に使ってると思う)、ホーガンのアックスボンバー(アメリカじゃあんまり使ってないんだよな~レッグドロップをフィニッシュフォールドにしてたと思う)自分がラリアットと思って頭に浮かぶのは、大体これくらい。それでも、1番凄く、これぞ必殺技だと思うのは、スタン・ハンセンのウエスタン・ラリアットだろう。


 一撃必殺と言うのはハンセンのウエスタン・ラリアットを言うんじゃないかな~どんな相手でも最後は、あのラリアットで試合を終わらせてしまう必殺技、そんな技はハンセンのラリアットしか知らない。今の時代は技がハンセンのラリアットよりか、見た目でエグイ技は多いが、ハンセンのラリアットの方がインパクトがあると思う。


 四天王時代でのハンセンは、どんなに左腕を攻められてても、最後はその左腕で試合を終わらせてたし、馬場さんやアンドレとの試合でも、ラリアットをどの様に打つのか、見てるファンはそこの部分を楽しみに見てたんじゃないかな。


 プロレス界でラリアットと言ったら、やっぱしハンセンのウエスタン・ラリアットだろう。
[PR]
by yakojik | 2006-12-02 23:39 | プロレス