私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

残酷ショーはデスマッチではない

 WMFの第4試合、gosakuVSX(保坂秀樹)の試合は、有刺鉄線&凶器持込デスマッチとして行なわれた。自分は、デスマッチもプロレスの種類として認めている。大日本のデスマッチは、凄いデスマッチをいくつも行なわれている。デスマッチを見る時にファンが心を動かされて声を上げ応援するような試合は、試合の中でいかに凶器をうまく使うか?決して凶器に頼るような試合は見ていて何も感じない。逆にそんな試合はただの残酷ショーでしかない、昨日行なわれた試合はただの残酷ショーでしかなかった。試合の中に凶器が有るのではなく、凶器有っての試合でしかなかった。それにファンを無視した試合がずっと続いていった、戦ってる選手はそれで満足かも知れないが、見ている自分やファンの方を無視して行なわれてる試合ってどうなのよ?自分の近くにいた親子は母親がリング上で行なわれている試合を見せないように子供の目の所に自分の手で覆い隠していた。WMFのファンだと思われる女性の方も顔を下にして見ないようにしていた。ファンの方はだったら見に来なきゃ良いだろと言う人もいる、それっておかしいじゃない、こっちはお金を払って見に来てるのに、ファンを無視した試合を見せられておとなしく出来るかって。この試合で自分はただ腹立たしい思いしか感じなかった。試合後のFMWやW★INGの時の試合をまたやろうと言ったgosaku選手、あの時と今ではファンが見たいっていうデスマッチは進化してるんだよ。あの時のデスマッチは、あの時だからファンのニーズに合ってたのに、そんな事も気付かないのか・・・・・・・自分勝手な試合は何の感動も生まれないし、ただの時間の無駄だって。この程度で騒ぐなよと思う方とは、見ているポイントが違いますので、無視してください。一応、写真も撮ったので載せときます、あまり見ていてキツイ写真が多いので、見てもなんの感動もないし、気持ちが悪くなるかも知れませんので、そんな方は飛ばしてください。
















b0082484_2215334.jpg

b0082484_2216597.jpg
b0082484_22172324.jpg
b0082484_2218596.jpg
b0082484_22182312.jpg

b0082484_22193539.jpg

[PR]
by yakojik | 2006-12-10 22:29 | プロレス