私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

不死鳥ハヤブサ お楽しみはこれからだ!

 この選手が今でも元気で活躍してたら、プロレス界はかなり明るかったんじゃないかな~初めてハヤブサ選手を見たのは、スーパーJカップでのライガー戦だった。海外でハヤブサになり日本ではこの試合がハヤブサとしての初試合だったはず。負けはしたが、ハヤブサの名前はしっかりとファンに届いたはずだ。その後、大仁田の引退試合で電流爆破マッチに挑戦し、大仁田無き後のFMWを体を張って守って行った。本当に体がぼろぼろになるほどに戦って、いつしか体中に傷だらけになっていった。


 全日本プロレスにも参戦し、アジアタッグも獲得している。(パートナーは新崎人生)アジアタッグはFMWのリングでも防衛戦を行なっている。(対戦相手は田中&黒田)全日本のドーム大会では、馬場さんと志賀選手とタッグを組んで試合をしている。


 ミスター雁之助選手とは大学時代からお互い体を作ってプロレスラーになる事を目指していたらしい。FMWではいつも対角線に要るような関係だったけど、認めてるもの同士だから激しい試合が出来たんじゃないかな。


 2001年10月22日、試合中のアクシデントにより頚椎損傷し全身不随の重傷を負った。頭から真っ逆さまに落ちる感じで雑誌で見たが背筋が寒くなったのを記憶している。


 今も車椅子の生活が続いてるが、歌手活動にも精を出し馬場さんの七回忌の時は歌も披露している。


 あの華麗な飛び技はもう見るのは難しいと思うけど、ハヤブサはプロレス界に一つの時代を作ったと思うから、後ろからプロレス界を見守ってて欲しいね。最後に「お楽しみはこれからだ!」
b0082484_015781.jpg

[PR]
by yakojik | 2007-02-16 23:57 | プロレス