私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リングドクターの重要性を改めて考えてみました。

 酒は飲んでも飲まれるな!!って言うけど、やっぱし飲むと飲んじゃうと限度を忘れて飲んじゃうよな~(車やバイクの人はダメだよ)起きたのがついさっきで、頭も痛いな~


 話は変わって、ZERO1ーMAXの大阪大会でのAWA世界ヘビー級選手権での大森VS大谷戦、試合は2分27秒大森選手のアックスボンバーで大森選手の勝利、負けた大谷選手はリング上でピクリとも動けず、机を担架代わりにして病院に搬送された。診断結果は、重度の脳震盪、脳挫傷の疑いもあり、東京の病院で精密検査を受ける事になったらしい。


 プロレスラーである以上は、このような怪我がないように練習をやってると思うのだが、それでも怪我はしてしまう職業なんだろう。怪我はしょうがないとは言わないが、その後のケアに問題があった。


 ある所で指摘があったので、CSのサムライで注目してみてたのだが、カウント3が入った所で選手は周りに集まってくるのだが、リングドクターの姿が何処にもない。つまり、この試合にはリングドクターが付いてなかったという事なんだろう。それに担架の変わりに机を使ってるという事は、もしもの時の応急処置に関して、あまりにも無知なんじゃないかな。


 リングドクターがいるといないとでは、リング上で戦ってる選手に対しての安全の面でも変わってくるんじゃないかな?その点では、PRIDEやUFCなどの総合の大会は徹底してる。プロレスの方は遅れてるように見受けられる。


 もしものことがあった場合に悲しい思いをするのは、プロレスラー自身であり、団体であり、応援してるファンであったり、多くの関係者が悲しい思いを受ける事になる。リングドクターの徹底は、しなきゃいけない事だろう。
 にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへリングドクターは徹底して欲しいです。
[PR]
by yakojik | 2007-05-12 15:26 | プロレス