私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あれから7年の月日が過ぎました。

 自分にとって、忘れる事の出来ない日がある。5月13日もその一つだ。マニラでの臓器移植中の大量出血で容態が悪化し亡くなったジャンボ鶴田さんが、息を引き取ったのが2000年5月13日だった。あれから7年の月日が過ぎた事になる。


 ジャンボさんを最後に見たのは、ジャンボさんの全日本プロレスでの引退セレモニーだった。99年3月6日で行なわれた引退セレモニーは、ジャンボさんらしくコーナーに登っての「鶴田!!オーッ!!」で締め、一つの時代が終わったのを実感した。


 ジャンボさんが亡くなったのは、5月13日から数日経過して知る事になった。16日か17日ぐらいかな、テレビで大きく扱われていたが、信じる事を拒否してる自分がいた。「だって、ジャンボだよ?」って言う言葉が、頭の中を駆け巡っていた。それでもジャンボの死は誤報でも何でもなく、現実にこの世にはジャンボが存在しないって事を認めさせるかのように、テレビで報道していた。


 自分がプロレスを見てきて、最強は誰?って聞かれたら、ジャンボ鶴田さんを外す事は出来ない。世界チャンプ級の外人と互角以上に渡り合い、ニック・ボックウィンクルからAWA世界ヘビー級を奪取し、三冠ヘビー級の初代チャンプはジャンボ鶴田さんだし、四天王との激しい戦いは、深夜の放送だったが、起きて見ていたほどだ。


 このブログに遊びに来てくれる方にも、出来れば今日とゆう日を忘れないで欲しいな。ジャンボ鶴田さんは紛れもなく最強のプロレスラーで、引退後の見本になる方だったってことを。ジャンボさんの幕引きは見事だったと思う。
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへジャンボさんのファイトをもっと見たかったって方は押してね。
[PR]
by yakojik | 2007-05-13 00:52 | プロレス