私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

引退の美学

 今年もあと3ヶ月ちょっとで、大晦日がやって来る。デビル雅美、ミスター雁ノ助、元気美佐江、自分が知ってる範囲だが、この3選手は今年いっぱいでの引退を表明している。
 デビル雅美選手
b0082484_2318348.jpg

 ミスター雁ノ助選手
b0082484_23261895.jpg

 元気美佐江選手
b0082484_2327957.jpg


 引退の理由などは、選手によって違うけどこの3選手の引退は残念ではあるが、お疲れ様って言いたいかな。多くのプロレスラーが誕生するが、しっかりとやるべき事をやって引退をする選手ってかなり少ないんじゃないかな。これも引退の美学の一例なんだろうね。


 自分で引退を考えて引退するのも美学だが、ジャイアント馬場選手のように将来現役をつらぬいた選手も引退というものを考えた時の一つの美学だと思う。全盛期の動きは出来ないが、馬場さんがリング上にいるだけで、満足できる。亡くなるまで現役をつらぬいた馬場さんの生き方も美学じゃないかな。


 いろんな考えがあると思うけど、やっぱし引退を表明して引退試合までやったらそれなりのプライドを持って欲しい。なにかの記念試合とかの特別参戦なら分かるんだが、引退して1~2年も経ってないのに普通にリングに上がってるのは、なんか納得できない自分がいる。(病気や怪我などが治ったなら、納得は出来るんだが)その復帰をあたかも当然のように支持してるのも信じられない。やっぱし引退するって事はそれなりの覚悟を持って引退をして欲しい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ馬場さんの武道館での最後の試合を観れた事は、一生の思い出かな。
[PR]
by yakojik | 2008-08-27 00:03 | プロレス