私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

企画と継続力

 ゴールデンウィーク中、横浜赤レンガ倉庫1号館で、「赤レンガプロレスフェスティバル2006」とゆう全5大会のプロレス興行が開催された。週刊プロレスが企画をして主にインディー団体が大会を開催した。今まで見るきかいの無い団体が、このように企画の中の一つとして大会を開くことによって多くの観客に知られてとても意味のある企画だと思う。一方千葉のK-DOJOもブルーフィールドで「GWSP7]とゆう興行を7日間開催した。いつもと違いこの7日間は、他団体から選手が出場してとても盛り上がったらしい、企画の勝利だ。
 さて、この勝利をこれからどう次につなげていくかである。企画の中だけで、終わってしまうのか、それとも、企画を上回る継続力を見せ、さらにレベルUPするのか、しばらく見守って生きたいと思う。
  
[PR]
# by yakojik | 2006-05-08 23:41 | プロレス

ハッスルはプロレスか?

 ハッスルシリーズ、ハッスルハウスと確実に自分の道を歩いているハッスル、確かな実行力?それに、DSEの確かな資産力により成り立っているハッスル。プロレスラーがメインでなくても成り立ってしまうハッスル。むしろプロレスラーよりも芸能人の方が観客動員があるハッスル。芸能人がメインそれを見て喜ぶ観客、果たして正解なのか?自分的にはナシだ!!
 この前、全日本でも芸能人がリングに上がった、だがあの場には試合を見ている観客がいた。芸能人を特別持ち上げるわけでもなく、芸能人も自分の持てる力を精一杯だし、試合として見せていた。そこでハッスルである、この前の大阪大会、5対5の対抗戦その中には、小川選手、川田選手、TAJIRI選手、大谷選手に安生選手これだけのプロレスラーがいるのに、芸能人の2人がメイン・・・・・・・それを見て喜ぶ観客。ハッスルはプロレスなのか?
 ずいぶん前、川田選手は、新しいファンを増やすためにハッスルは必要だと言っていた。だが、自分の知っている限りでは、ハッスルを見てプロレスを見始めたとゆうのは、聞いたことがない。ハッスルの中にこれだけ素晴らしいプロレスラーがいるのにである。ハッスルでは、それもありだったら、ものすごく淋しいかぎりだ。
否定だけしてもしょうがないので、6月のさいたまスーパーアリーナに行こうと思う。
[PR]
# by yakojik | 2006-05-07 22:39 | プロレス

ライブとTV

 ライブとTV、この違いはかなり大きいと思う。PRIDEやHERO'Sなどは、ツマラナイ試合や、外人同士のあまり日本では知られてない選手は、ギッチリカットされている(それかダイジェストでちょこっと放送している)確かに時間的にどうしても放送できないのかもしれないが、日本人の試合でもツマラナイ試合があるし、外人同士の試合でもすばらしい試合がある。そこでライブとTVの違いがでてしまう。ライブに行く人は、お金を払い(それもかなり高い金額)見に行くのですばらしい試合には拍手もするし、声援もおくる。ツマラナイ試合にはブーイングも飛ぶ、ライブの空間を楽しむために足をはこぶのだ。一方TVである、自分はTVでの観戦がほとんどだが、確かに番組としては面白い、しかしその中からはライブを感じることはできない。2時間まるまる日本人が誰かと戦って、TVではそれもありなのかもしれないが、なんかものたりない。せっかくライブでいい空間を作っているのならそれを利用しないのはかなりのマイナスのはずだ。だからと言って、年末の5時間ぶっ続きもマイナスあちのほうがツマラナイ。自分としては、試合数を今の半分4~5試合その辺でいいと思う、そうすれば、単純にチケットももっと安くなるし、時間も短縮でき2時間のライブ空間をそのまま伝えることが出来るのではないか。
[PR]
# by yakojik | 2006-05-07 13:43 | 格闘技

プロレス>曙

 5月3日のHERO’Sの録画を、先ほど見た、いろいろと話題が詰まっていたが、自分にとっては、曙選手の試合が1番気になっていた。これまで総合格闘技では、ろくな試合をしていない。残念ながら、曙選手にはK-1も総合格闘技も向いてないと思う。K-1では足がでないし手もでない、総合の方ではロープまで追い詰めてもその先がない、グランドができるわけでもないし、相手にねかされればそれで終わり。そんなことがずっと続いている、今度こそ変わっていることを期待しつついつも見ているのだが・・・・・・・この際、プロレス1本で行くべきではないか、少なくともプロレスでは、その大きな体も武器として使えるし、相手の技を受けるとゆうプロレスラー特有の見せ方もあるのだし、それに総合で試合をしてる時よりも、イキイキしてるように見える。全日本の後楽園、初登場の時見に行っていたが、あの時のノリノリの曙選手をもう1度思い出してほしい。プロレスには総合にはない未来がある。
[PR]
# by yakojik | 2006-05-07 00:30 | プロレス
 いまCSでドラバラをやっている、今から4,5年前の番組で、北海道でやっていた番組だ。その中には、大泉洋さんも出ている、ドラバラを知る前に、2年ぐらい前(もっと前かもしれないが)からテレビ埼玉(今はテレ玉)でやっていた水曜どうでしょうで、初めて大泉さんそれに鈴井さんのことを知った。最初は家の母が面白い番組があると言っていたので見始めたわけだ。これが面白い、なんの理屈もいらず笑って過ごせる30分だ。今はアラスカの川を渡っているところ、その前は、早食いとこの一貫性のない所がまたいい、ドラバラは、ホワイトストーズのドラマをやっているいろいろと細かい笑いがありこれも面白い。ずいぶん前の番組だがなんかまた見てしまう。
[PR]
# by yakojik | 2006-05-06 19:21 | お笑い
 日曜日に、草野球があるので、明日のうちに買いに行こうと思う。今回は先週と違い予想が難しそうだ。自分の場合、3頭を頭にしてそこからいろいろと絡めて行く。勝負師ではないので、軽い気持ちでやっている。今回はロジック、マイネルスケルツィ、アドマイヤカブリ、この3頭を頭にしてみたいと思う。それに絡めるのはファイングレイン、コンゴウキリシマ、フサイチリシャールの3頭で行きたいと思う。まあ、こんなかんじかな~
[PR]
# by yakojik | 2006-05-05 23:59 | 競馬
 今日のお昼からの、NEO後楽園ホール大会は、とてもいい時間を過ごすことができた。1試合目、若手とベテランのタッグマッチ、渋谷シュウ選手が目に付いた、あと1回りぐらい体を大きくすればとてもいい選手になると思う。2試合目、仲村由佳選手の引退宣言には、残念だが、首の故障はレスラーにとって爆弾だし、これからの人生を思うと、おつかれさまと言いたい。3試合目は、あれもありなのだろう、途中で誰がチャンピオンなのかわからなかったが、最後は、小学生のひかり選手がベルトを持ち帰った。4試合目、NEOマシンガンズVSミントシャワーズは、ミントシャワーズの勝ち、だが結局、NEOマシンガンズの過去の映像もミントシャワーズの歌も楽しむことができた。

 4試合目・松尾永遠VS前村早紀
もう少し激しく行ってもらいたかった。この2人ならできるはずである。
 5試合目・井上京子VS高橋奈苗
今日のベストバウト!!とにかくいい試合だった。お互いの感情、体、技、すべてを出し尽くした、見る人に感動をあたえる試合だった。
 6試合目・田村欣子VSHikaru
セミがあまりにもいい試合だったので、わりを食った感じになってしまった。それに、田村選手のうまさがひじょうにでた試合になってしまった。
全体的に見てひじょうに満足のいく興行だった。もっと女子プロを見たいと思った。
[PR]
# by yakojik | 2006-05-05 20:00 | プロレス

明日は女子プロレス

  明日は、NEOに行くことになりました。女子プロは年に1回のわりあいで、行っている。ここ3年は、NEOの後楽園ホールそれもこの季節に行っている。行ってはいるのだが、イマイチ選手のことを知らない。知ってる選手は、井上京子選手、田村欣子選手、元気美佐江選手、あと椎名選手、松尾選手、・・・・・ん~あとは、顔と名前が一致しない、すいません。そこで、ちょっと調べてみました。

 1・松尾永遠VS前村早紀

 2・井上京子VS高橋奈苗

 3・NWA認定女子パシフィク&NEO認定シングル選手権
   〈王者) 〈挑戦者)
  田村欣子VSHikaru 

この3試合が注目カードらしい。いろいろと感情のぶつかり合いのすえ、決まったらしい、そこら辺はよく知らないので、すいません。まああまり考えないで、楽しんでこようと思います。
[PR]
# by yakojik | 2006-05-05 00:15 | プロレス

DDTの完勝

 まず初めに、良く入っていた、DDTとゆうプロレスをわかっている
人達で、とてもいい空間を作っていた。1試合目からメインまで試合の
テンポもよく進んで行った。
 その中で、注目していた試合のことを書きたいと思う。

 1・KO-Dタッグ選手権
思っていたよりも、かみ合ってなかった。トーゴー選手の怪我もあり、
それに、柿本選手がいま一つ観客に支持をされていなかったように思う。これからの実績作りに、期待しよう。

 2・メインエベント ミラノ&ディーノVS大鷲&HARASIMA
エンターテイメントとしてはとても面白かった。各々個性を出して、とても楽しめるメインだった。ミラノ選手の再登場を、期待したい。

 3・DDT(蛇界)VS元親日
残念ながら、力の差はハッキリしていた。一番如実に現れていたのは、
ポイズン選手と後藤選手が、お互いコーナーに控えているときの、息の上がりようだと思う。
コーナーにもたれかかっている、ポイズン選手を見ていたら、勝つのは難しいように見えた。


 全体的に見て1興行として素晴らしかった。DDTの完勝である。
[PR]
# by yakojik | 2006-05-04 18:37 | プロレス
 初めまして、今日からブログを、始めます。
さっそく一発目、明日はDDT 5・4後楽園ホールに行ってきます。
いろいろと面白いカードが、出揃いました。
 1.KO-Dタッグ選手権試合
〈王者)トーゴー&ベルナルドVS〈挑戦者〉柿本大地&飯伏幸太
 何回か戦っているので、きっとレベルの高い戦いになるで楽しめることでしょう。
 2.ディーノ&ミラノVS大鷲透&HARASIMA
なんかいろいろと込み入っている感じの、試合になりそう
それでもミラノと大鷲の戦いは、なかなか面白そうです。
 3ポイズン&ヘビー石川VS後藤達俊&長井満也(リングアナウンサー)田中秀和
ん~この前の、公開討論を見たが、もっと盛り上げてほしかったな~
翌日に、ポイズンを出すんだったら、公開討論の場に、乱入してケロに、
毒霧でも吹きかけてほしかった。
親日本プロレスの幻想をDDTに求めるのは、違うと思う。
 
  明日はどうなるか楽しみです、待ってろDDT!
 


 
[PR]
# by yakojik | 2006-05-03 11:41 | プロレス