私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:K-1 ( 11 ) タグの人気記事

K-1GP決勝の感想記

 K-1GP決勝戦を見た(CSの方で)感想をいくつか


 リザーブマッチを3試合、武蔵VSアーツの試合は、アーツの一方的な試合になった。武蔵の良い所がまるで出てない試合で、今回のリザーブマッチに賭けてる差が出た試合になった。それほど、アーツの攻めに鬼気迫るものがあった。これは、本当は武蔵に無きゃいけないものなのに、武蔵にはそこまでの覚悟は無かったって事だね。セフォーVSマヌーフの試合は、HERO’Sにマヌーフは出てたみたいだけど、K-1のリングじゃあまりにも体格差がありすぎた。あっという間にセフォーの右フックで試合終了、セフォーにもGP決勝に出て欲しかったな~。スロウィンスキーVSバタ・ハリの試合は決勝前に行なわれたんだけど、イマイチの試合。バタ・ハリにいつものアグレッシブな攻めが無かった。教科書通りのバタ・ハリなんて、魅力に感じゃないよな~

 準々決勝を見終わって、バンナの負けは予想外だったが、(バンナ優勝を期待してたので)ボンヤスキーVSレコの試合は、あれじゃあ、もうダメだとは思った。ファールカップをしてても、蹴りがまともに入れば、吐き気もするだろうし、ボンヤスキーは運に見放されたって事かな。グラウベの充実感が非常に高く、このまま一気に優勝まで行きそうな試合運びだった。ホーストはやっぱし、力が衰えてるのは、見ていて悲しくなったな~それでも勝ちあがってくるあたりが、キャリアのなせる所だろう。

 準決勝、シュルトVSホーストの試合は、安定感に体格で上回ってるシュルト有利で進んでいったが、それだけ。ホーストをしっかりとKO出来ないあたりが、シュルトの魅力に欠けてる部分だろう。そうさせなかったホースとを褒めるべきなんだろうが、これからのK-1を考えたら、やっぱしそれじゃあいけないんじゃないかな。ボンヤスキーがドクターストップになり、レコもダメで、出てきたのがアーツだ。この時の会場の沸きようはこの日1番じゃなかったかな。それほどアーツをファンは待っていたって事だろう。グラウベVSアーツはアーツの一瞬の攻めで逆転して、そこからアーツの攻撃は凄かったな~ホント鬼気迫るものがあった。

 決勝戦、多くのファンは、アーツの優勝に期待してたんだろうけど、そうはうまく行かないもんだね。シュルトの攻めはポイントをうまく付いてるとは思うけど、そこに魂が感じられない。だから見ていて心が動かない。一方アーツの方は、見ていて自然と応援したくなる、攻撃や防御でも気持ちが入ってるんだと思う。試合にはシュルトが勝ったが、ファンの心に残ったのはアーツの方なんじゃないかな。
[PR]
by yakojik | 2006-12-03 01:37 | K-1
 昨日、帰ってきてからK-1の開幕戦を見たけど、順当と言えば順当なのかな?(武蔵、セフォーは予想外だったが・・・・)

 そんな中でも、グラウベ、シュルト、ボンヤスキーの試合は、自身の間合いで戦ってる強者の試合だった。自分の間で戦ってる選手は、決して無理をしていない。反対に対戦相手はその間合いを覆さない限り、勝利を手にする事は出来ない。相手の間で戦うか(それはかなり無謀だが)それとも相手を自分の間に引き込むか、そのどちらかを選択しない限り勝利は無いだろう。それほどまでに、この3人の勝者は凄い実力者だという事だ。

 バンナVSホンマンは、映像で見た限りでもその体格差が目に付いた。それにバンナの体もシェイプアップされていて、今回のトーナメントに懸ける気持ちが伝わってきた。反対にホンマンは全てにおいて中途半端、バンナが自分の間合いに飛び込んできたのに攻め切れてない。離れて戦う選手じゃないんだから、自分から前に出て自分の間合いで戦わないと、これだけのレベルの選手には通じない。まだ、K-1のリングに来てそんなに経ってないんだから、下手な事は考えないで、がむしゃらに戦って欲しい。

 武蔵VSファウストは武蔵の完敗。ファウストの良い面がすべて出た試合だった。武蔵に関しては、誰とでもそれなりの試合は出来るのだが、特別見てて何の感動も無い。それは昔からそうだったけど、(自分だけかな?)今もそう。うまいし実力もあるんだろうけど、何か物足りないんだよな~

 バタ・ハリVSカラエフは、アクシデントと言ってしまえばそうかもしれないが、コーナーに追い込まれた時点でのカラエフの攻めも素晴らしかった(肘も当たってるようには見えたが、あれはアクシデントという事は出来ないんじゃないかな。フックがのびっきって肘が当たったような感じだし)バタ・ハリの攻めの素晴らしかったが、勝敗を分けるのはほんの少しの差なんだろう。今回は、カラエフの方に運が向いていたんじゃないかな。運も実力の内だしね。

 セフォーVSレコは僅差だったかな。セフォーが勝者でも不思議じゃなかったし。しいて言えば、延長まで持っていかれたのがセフォーとしては痛かった。攻め切れなかったのも敗戦に繋がってしまった。

 ホーストVS藤本は、前半は藤本が良い攻めをしていたが、後半ホーストの老獪さにやられちゃった感じかな。それでも今回の藤本は最初っから勝負を懸けてたし、その姿勢は評価できる。それに、今のままだとホースとはやばいな~全盛期を期待するのは酷だが、それでももう少し戦える状態にしないと、これから大変になるだろう。

 最後に、マイク・ベルナルド選手の引退式は、なかなか感動ものでした。日本語での挨拶にも感動。これまで多くの名勝負をありがとう!!あなたの事はこれからも忘れる事は出来ないでしょう。お疲れ様でしたそれに今までありがとうございました。
[PR]
by yakojik | 2006-10-01 18:35 | K-1

K-1GP追加カード決定

K-1の開幕戦の追加カードが決まった。

 レイ・セフォーVSステファン“ブリッツ”レコ

 ルスカン・カラエフVSバタ・ハリ

 グラウベ・フェイトーザVSポール・スロウィンスキー

 ファン投票の結果、選ばれたのがバタ・ハリ。昨年のGPでのリザーブファイトでレコに勝利している(KOで勝利)あごを負傷していたが、それも完治してGPでカラエフと対戦する。お互い若いファイター同士の対決だから、とても楽しみな試合になると思う。

 自分的に注目なのが、セフォーVSレコだ。セフォーは好きなファイターだし、この前のラスベガス大会でのレコはもう昔のようなアグレッシブルな戦いをしていて、注目していた。そんな2人が戦うんだから、最注目だろう。(自分的にはこの試合が1番注目している)

 スロウィンスキーはムエタイの選手だが、実力的にグラウベの方が1歩上だろう。それでも何が起こるか分からないのがK-1だから、もしかしたら番狂わせが起こるかも知れないね。

 これでGP1回戦のカードが決まった。すべてに見所がある対戦だから、非常に楽しみだね。16人のファイターの中から誰が優勝するか今から楽しみだ。
[PR]
by yakojik | 2006-09-01 22:26 | K-1
 昨日書いたK-1繋がりでもう一つ。マイク・ベルナルドが引退を表明、今度のK-1GP開幕戦で、引退セレモニーを行うらしい。

 マイク・ベルナルドはとても思い出深い選手だ。96年のアンディー・フグとの決勝戦、負けてしまったがあの辺りが一番調子が良かった時期じゃないかな。とにかくあの豪腕は、説得力が合った。フグに勝利した試合での左右のフックが、TVで見てて体が熱くなったのを思い出される。当時はどうしてもフグの敵役の立場だったが、それでも勝利する事によって、ファンを納得させていた。

 それからボクシングのチャンピオンになったらしいけど、だんだんと当時の面影は消えていった。最後の方は、見ててなんか悲しかったな~全盛期を知ってる分、どうしても当時の面影を追ってしまってた。

 首の故障が長引いてしまっての、引退らしい。これからは、指導者になって新たな選手を育てていって欲しいな。

           今までありがとう!!お疲れ様マイク・ベルナルド
[PR]
by yakojik | 2006-08-23 23:37 | K-1
 K-1 WORLD GP2006 大阪城ホールで行はれるK-1WORLDGP開幕戦のカードが1部決まった。

          ジェロム・レ・バンナVSチェ・ホンマン

          ピーター・アーツVSレミー・ボンヤスキー

          セーム・シュルトVSビヨン・ブレギー

          アーネスト・ホーストVS藤本祐介

          武蔵VSハリッド“ディ・ファウスト”

 注目は、バンナVSホンマンだろう。毎年優勝候補のバンナには、ここら辺で優勝して欲しいな。あの豪快な連打で、ホンマンにKOして欲しい。それにアーツVSボンヤスキーも新旧チャンピオン同士の戦いだね。個人的には、今年のアーツの活躍から応援している。がんばれ!!アーツ!!シュルトVSブレギーは、今年になってから、シュルトの勢いが見られないので、ここらで番狂わせが起きるんじゃない。ホーストVS藤本は、やっぱし日本人だから藤本を応援したいけど、ホースとも最後らしいから、ホーストの試合も見たいし、迷っちゃうな~武蔵VSハリッドは、武蔵有利な試合だね。それでもラスベガス(最初の)を勝ち抜いたハリッドにも期待したい。

 残りは、カラエフ、セフォー、レコ、フェイトーザ、スロウィンスキー、ファン推薦枠の6人どんな組み合わせになるんだろくか、楽しみだね。
[PR]
by yakojik | 2006-08-23 00:33 | K-1
 昨日のK-1ラスベガスを見終わって思ったのは、この前の札幌よりか面白かった事だ。(決してボビーが出てたとかじゃなく、試合が面白かった)CSで見たので、フジがどんな作りをしてたのかわかんないが、その中でも面白かった試合、出来事を書きます。

         ×ゲーリー・グッドリッジVSカーター・ウィリアムス○
大型選手同士のぶつかり合い、とにかく何の説明も要らないと思う、激しいぶつかり合いでどちらも引かないから会場も物凄い盛り上がり(みんな総立ちだね)K-1ならではの戦いだね。グッドリッジが最初にダウンを奪ったと思ったら、ウィリアムスがすぐに右フックでダウンを奪い返す、勝負の決め手は、終始攻め続けたウィリアムスの判定勝ち。

         ○ルスカン・カラエフVSデゥーウィー・クーパー×
クーパーが花道から出てきたときは、ちょんまげしてるのか?思ったが、上で縛ってたんだね。試合の方は、クーパーがなかなか見せたね、それでもカラエフの攻めが的確で、コーナーにカーターを置いた時の攻めは見所があった。それでもKOにしなかったカーターはなかなか楽しみな選手だね。

          ○ステファ“ブリッツ”レコVSカーター・ウィリアムス×
レコはトーナメントで優勝したのだが、その中で1番印象に残ったのが、この試合。レコは昔のよう厳しいキックの連打、耐えるウィリアムス、前に出てきたウィリアムスをレコがバックキックでウィリアムスのわき腹に直撃、そのままウイリアムスはダウン。レコの攻めが目立った試合だった。

            ○レイ・セフォーVSアダム・マクスタイ×
今大会のベストファイト、セフォーは本当に強い。セフォーは今1番調子がいいんじゃないかな。すべての攻撃に説得力が合って、セフォーの調子のよさが目立った。4回のダウンを奪ってるが、右フックが2回、ボディーへのパンチで1回、右ストレートで1回、すべてにKOしてもおかしくないダウンだった。それでも立ち上がるマクスタイはいい根性の持ち主だね。これからの成長が楽しみな選手だ。

                  ブロック・レスナ来場
レスナーが会場に来ても。歓声はほとんどない。人気がないのかな?「2ヶ月前にFEGと契約した」だって、それじゃあ新日本プロレスの札幌の時にはもう契約してたってことじゃん。バカにすんなって。「今後はK-1(HERO’S)のリングに上がる事になった」もう勝手にしてくれよ。プロレスファンは誰も応援してないから。ここでホイスが登場、ホイスがレスナーの事を指導するらしい。レスナーが他人の言う事を聞くとは思えないんだが?まあいいか。別にレスナーに興味ないし、それよれもベルト返してやれよ。

 大会自体は面白かった。見る人によってだが、へんな判定もなく試合を見せているいい大会じゃないかあな。GPでの注目は、レコとセフォーだね2人とも調子良さそうだし、注目の選手だね。


          
[PR]
by yakojik | 2006-08-14 10:45 | 格闘技
ボビーの試合が始まった、民族衣装を着てボビー入場、セコンド菊田、平仲、リングに入場。藤本選手もガウンを着て入場、なかなかいい表情をしている。

 ボビーがコールされ凄い歓声、藤本選手にも歓声が飛ぶ。

 第1ラウンド、ボビーが詰める、藤本選手が体を密着して防いでいる、ボビーのキックが飛ぶ、あんまり威力は無いみたいだ、藤本選手の右ストレートが飛ぶ、ボビーダウン、すぐに起き上がる。試合後半藤本選手が攻めるが、ボビーが体を密着して防いで第1ラウンド終了。

 第2ラウンド、密着してからのパンチあまり効かず、ボビーのキックがあまり効いてない、ボビーが足を掛ける、起き上がり体を密着するボビー、ボビーが投げる懐にもぐりこむ時もタックルのような感じ、ボビーの戦法がK-1じゃなく総合系になっている。

 第3ラウンド、ボビーのクリンチ、前に出れない藤本選手、ボビー足を掛ける、ボビー飛びヒザ蹴り、藤本投げる、注意。ボビー後頭部にパンチ、注意なし。足を掛けて試合終了。

 解説陣ボビーを絶賛、K-1のリングなのにK-1の試合が出来ない選手に絶賛・・・・・名前のある人間には弱いみたい。判定で藤本選手が勝ったのにボビーの話だけ。

 
[PR]
by yakojik | 2006-07-30 16:48 | K-1

ボビーの対戦相手が決定

              ボビーの対戦相手が決まったね。

 K-1アジア大会を制した、藤本祐介がボビー・オロゴンと対戦するらしい。藤本選手は韓国で開かれた、K-1アジア大会で日本人初の優勝、世界大会への切符を手に入れた。

 
 まさか、かませ犬なんてさせないだろうな?何か怪しいな~これに勝ったら藤本選手と交代なんて事は無いよな~


 藤本選手には、ボビーをボコボコにして欲しいな、もう2度とK-1のリングに上がりたくないと思わせる戦いを期待したい。


 

 
 
[PR]
by yakojik | 2006-07-19 23:42 | K-1
K-1の札幌大会の追加カードが、発表になったね。

曙VSチェ・ホンマン

レミー・ボンヤスキーVSマイティ・モー

ボビー・オロゴンのK-1ルールでの参戦

 曙とホンマンってこれで3回目だよね、何かまた負けそうな気がするんだけど・・・・・・30キロぐらい減量したみたいだけど、減量したからって勝てるとも思わないんだけどな~これで負けたら3連敗か・・・・・・それでもG1に出たいとか言ってるしね。あんまりプロレスをバカにして欲しくないよな。

 レミーVSモーは面白い試合になるんじゃないかな、パンチのモーかキックのレミーか一発良いのが入れば勝ちはどちらにも転ぶね。楽しみな試合だね。

 ボビーの参戦ってどうなのかな?すっかりTVでは見なくなったけど、K-1に出れば人気回復とか思ってたら、痛い目見るね。総合だから何とか持ってる身体能力で戦えたけど、K-1はそんな甘いもんじゃ無い様な気がするけど。K-1のトップファイターと戦うらしいから、楽しみに待つ事にしよう。

              さあ、どうなるか楽しみだね。

 

 
[PR]
by yakojik | 2006-07-14 23:44 | K-1
 K-1 REVENGE 2006 ~アンディ・フグ7回忌追悼イベント~K-1 WORLD GP 2006 IN SAPPORO
 

 グラウベ・フェイトーザVS武蔵

 ピーター・アーツVSゲーリー・グッドリッジ

 この2試合が、リベンジマッチ。グラウベ・フェイトーザVS武蔵は、昨年のGP準決勝で武蔵がグラウベ・フェイトーザの膝蹴りでKO負け、アーツVSグッドリッジは、2004年の名古屋大会でアーツのローキックでKO負け、武蔵もグッドリッジも負けられない戦いだ。

 スーパーファイトでは、富平、天田、中迫などが、各大会での優勝者、実力者と戦う。ここでいい成績を残せば、GPの推薦選手の候補に名をつらねるらしい。藤本も日本の新村選手と戦う。

 武蔵、藤本がGPへの出場を決めているので、今年はジャパンGPは中止

 アーツはこのごろ試合が続いてるな~大丈夫か?フェイトーザと武蔵はきっといい試合になるだろう(期待を込めて)日本人もいっぱい出てるし、頑張ってほしいね。

 アンディーが亡くなって、もう7年か~アンディーは今のK-1をどう見てんだろう?あんな地元びいきの試合を、どんな思いで見てるのかな?アンディーが悲しむような試合、ジャッジはしてほしくないよね。

 

 

 
[PR]
by yakojik | 2006-06-22 00:06 | 格闘技