私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WWEの第3ブランドECW、TVもついてなんとなくだが形になりかけている。だが、そこには自分たちが熱くなった、ECWは存在しない。ヘイマンが1つの形にして、WWE、WCWに継ぐ第3勢力としてアメリカンプロレスに新しい形を提供したECWはもうない。

 改めてECWとはなんだったんだろう?と考えてみた。ECWアリーナでファンが熱狂して見ていたファイトには、これで失敗したらもう終わりだという危機感が常にあった。しかし、今のECWにはそれはない。WWEがバックについている安心感があるのだろう、ファイトに熱を感じないのだ。

 今のECWはWWEのブランドとして、行われているからしょうがないが、なんか物凄く綺麗なのだ。昔は何ていうのかな~WWEに認められなかったレスラーが、見返すために死に物狂いで戦ってた印象が強いのだ。だからどうしてもWWEでやらない事(有刺鉄線、机を並べてのダイブ、火炎攻撃など)を駆使して戦ってた。その泥臭いファイトにファンは熱狂してたんだろうと思う。

 これは自分の思ったことだが、TNAが昔のECWのファイトに近いように思う。ハードコアあり、ジュニアクラスのファイトがあり、しっかりとしたプロレスも見せる。それに会場もユニバーサルスタジオに900~1000人ぐらいのファンがいて、会場は小さいが、だからよけいにファンの熱狂が伝わってくる。今のECWは大きなアリーナで(WWEが普段使ってる会場)観客は少なくしているが、なんか熱が伝わってこない。会場が大きすぎるのだ。

 アングルも退団して、ビックショーがECWチャンピオンの今、ECWの匂いがするサブゥーやRVDに期待するのだが、どうしても駒が少ない。ここにライノや3Dがいれば、凄くECWっぽいんだけどな~
[PR]
by yakojik | 2006-09-05 23:11 | プロレス
 ECW♪ ECW♪ ECW♪ ECW♪~~~~~~~~~~~~~~~~

 去年に引き続きWWEのPPV「ECW ワンナイト スタンド 2006」見ちゃいました。

 去年との違いは、去年は1夜限りの復活だったのだが、今回はWWEの第3ブランドとしての完全復活!!このPPVから継続的に続いていく。

 そこで大きく変わったのが、WWEからECWへの移籍、K・アングルとRVDがドラフトで移籍、それにビッグ・ショーがどうやらECWに合流、ECWの中にWWEが大きく関わってきた。

 今回のPPVを見た限り、かなり変わってきたな~と言うのが正直の感想。なんて言うのかな~かなり綺麗にまとまってるって言うのかな~

 それでもかなり面白い試合があった、カート・アングルVSランディ・オートンはレスリング技術がしっかりしている者同士、ECWでもこのような試合があったと思う、こういう試合もありだと思う。

 M・フォーリー&エッジVSトミー・ドリーマー&テリー・ファンクは今回の中で1番ECWらしい試合だった。その中でもテリーファンク、トミー・ドリーマー、M・フォーリー、のECW経験者の中に入ってもエッジの存在感が引けを取ってなかったのは、これからも期待できると思う。今大会のベストバウトじゃないかな。

 メインのWWEヘビー級選手権試合ジョン・シーナVSRVDもう会場は、RVD♪ RVD♪一色、シーナがかわいそうだったな、試合前Tシャツを会場に投げれば投げ返されるし、それが5,6回続いたかな、シーナがなにをやっても、ブーイング一色それでも試合としてまとまってたと思う。RVDの試合後者ぶりが、出てたと思う。最後はエッジが乱入してRVDがファイブスター・スプラッシュでシーナをピン!!会場RVDコール一色

 新しいスタートを最高の形で切る事が出来た。アメリカンプロレスの中でもECWはかなりコアなファンがいる、そのファンがこれからどのようにECWを育てていくのか楽しみなところだ、第3ブランドのECWを応援するのか、ECファッ○ンWを応援するのか見守って行きたい。
[PR]
by yakojik | 2006-07-02 00:05 | プロレス