人気ブログランキング |

私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

K-1 WORLD GP2006開幕戦 ベスト8決定

 昨日、帰ってきてからK-1の開幕戦を見たけど、順当と言えば順当なのかな?(武蔵、セフォーは予想外だったが・・・・)

 そんな中でも、グラウベ、シュルト、ボンヤスキーの試合は、自身の間合いで戦ってる強者の試合だった。自分の間で戦ってる選手は、決して無理をしていない。反対に対戦相手はその間合いを覆さない限り、勝利を手にする事は出来ない。相手の間で戦うか(それはかなり無謀だが)それとも相手を自分の間に引き込むか、そのどちらかを選択しない限り勝利は無いだろう。それほどまでに、この3人の勝者は凄い実力者だという事だ。

 バンナVSホンマンは、映像で見た限りでもその体格差が目に付いた。それにバンナの体もシェイプアップされていて、今回のトーナメントに懸ける気持ちが伝わってきた。反対にホンマンは全てにおいて中途半端、バンナが自分の間合いに飛び込んできたのに攻め切れてない。離れて戦う選手じゃないんだから、自分から前に出て自分の間合いで戦わないと、これだけのレベルの選手には通じない。まだ、K-1のリングに来てそんなに経ってないんだから、下手な事は考えないで、がむしゃらに戦って欲しい。

 武蔵VSファウストは武蔵の完敗。ファウストの良い面がすべて出た試合だった。武蔵に関しては、誰とでもそれなりの試合は出来るのだが、特別見てて何の感動も無い。それは昔からそうだったけど、(自分だけかな?)今もそう。うまいし実力もあるんだろうけど、何か物足りないんだよな~

 バタ・ハリVSカラエフは、アクシデントと言ってしまえばそうかもしれないが、コーナーに追い込まれた時点でのカラエフの攻めも素晴らしかった(肘も当たってるようには見えたが、あれはアクシデントという事は出来ないんじゃないかな。フックがのびっきって肘が当たったような感じだし)バタ・ハリの攻めの素晴らしかったが、勝敗を分けるのはほんの少しの差なんだろう。今回は、カラエフの方に運が向いていたんじゃないかな。運も実力の内だしね。

 セフォーVSレコは僅差だったかな。セフォーが勝者でも不思議じゃなかったし。しいて言えば、延長まで持っていかれたのがセフォーとしては痛かった。攻め切れなかったのも敗戦に繋がってしまった。

 ホーストVS藤本は、前半は藤本が良い攻めをしていたが、後半ホーストの老獪さにやられちゃった感じかな。それでも今回の藤本は最初っから勝負を懸けてたし、その姿勢は評価できる。それに、今のままだとホースとはやばいな~全盛期を期待するのは酷だが、それでももう少し戦える状態にしないと、これから大変になるだろう。

 最後に、マイク・ベルナルド選手の引退式は、なかなか感動ものでした。日本語での挨拶にも感動。これまで多くの名勝負をありがとう!!あなたの事はこれからも忘れる事は出来ないでしょう。お疲れ様でしたそれに今までありがとうございました。
by yakojik | 2006-10-01 18:35 | K-1