人気ブログランキング |

私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik

2006年 08月 26日 ( 3 )

 4弾は、馳先生の引退試合について、書いていきます。

             馳浩引退記念特別試合

              馳浩       TARU
              小島聡   VS 諏訪魔
              中島勝彦    “brother”YASSHI

 馳先生が、最後の相手に指名したのがV・M(ブードゥー・マーダーズ)だ。今や全日本プロレスのヒールを一手に任されてるチームだ。とにかくいっぺん見たら、彼らのヒールがわかると思う。観客を脅すは水をかけるは何から何までヒールを絵に描いたようなチームだ。そしてみんな役割がハッキリしている、先頭に立ってチームを引っ張ってるTARU、1番のポイントゲッターの諏訪魔、今回はジュニア選手権に出るが、しっかりとした実力者の近藤修司、そしてとにかくよく喋る、そしてジュニアでありながらヘビーとの対戦を通じて、しっかりした受身の持ち主である事がわかったYASHHI、今じゃなくてはならないヒールチームだ。

 馳先生で思い出されるのは、新日本でのタッグ部門でその実力を発揮した事だろう。うまくパートナーを立てつつ、しっかりと試合をリードする、その結果健介、武藤とIWGPのタッグチャンピオンになっている。そのあと全日本に戦いの場を変えて、かつての四天王+秋山とのシングルはどれも見ごたえのある試合だった。東京ドームでやった秋山戦は、自分の中ではかなりのベストマッチだ。裏投げとエクスプロイダーの投げあいは、見ていて熱くなった。

 今回の引退試合はいろんな関係が見て取れる、馳先生と諏訪魔は諏訪魔のデビュー戦をつとめたのは、馳先生だし、YASSHIは小さい時から馳先生のファンだったし、小島、勝彦はこれからもV・Mと戦っていく事だろうし、馳先生と小島のタッグも小島を新日本で教えてたのが、馳先生だし、勝彦と馳先生は健介に教えてもらってる勝彦にとって、馳先生は1度はタッグで近くから見ていろんなものを盗んでもらいたい。とにかく見ていていろんなものが見れる試合だと思う。

 明日は見に行って損はないと思うよ(自分は見に行きます、プロレスを楽しんで来たいと思います。)

 
by yakojik | 2006-08-26 19:23
             第3弾、三冠ヘビー級選手権試合 

              〈王者〉     〈挑戦者〉
              太陽ケア VS 川田利明

 両国国技館の三冠戦は、ケアの一言で始まった。大田区体育館でTAKAにマイクでふられ次の挑戦者は?と聞かれケアは「川田利明!!」と返答。会場は、割れんばかりの歓声に包まれていた。みんなが待っていた川田の出場をファンが後押しして、遂に両国のリングに立つ。

 ケアもチャンピオンカーニバルに優勝し、遂に念願の三冠チャンピオンに登りつめた。その初防衛の相手に川田を指名したのは、よほどの覚悟がなきゃ出来ない。川田は、三冠防衛記録を持ってるほど、選手権での戦い方を知っている。それに、ケアには今まで負けていない強みもある。

 それでもケアはここで負ける訳にはいかないだろう、せっかく苦労して取ったベルトを、やすやすとうけ渡すはずもない。全日本プロレスに入ってから夢に見ていたベルトなんだから。

 今までとの違いは、この1年間、川田はケアと戦ってない。この1年間でのケアの成長は、川田は分からない筈だ、チャンピオンカーニバルを制覇したケアを川田は知らない。ケアの成長が、川田の思ってる範囲を超してたら、ケアの勝利に近づくんじゃないかな。
by yakojik | 2006-08-26 01:03 | プロレス
 第2弾はグレート・ムタ VS TAJIRIについて自分の考えを書いていきます。

 知ってる人がほとんどだけど、2人ともアメリカで成功した選手だ。アメリカで成功した選手は本当に少ない、自分の知ってる限りだと、ジャイアント馬場さん、キラー・カーン、ザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、FUNAKIそしてTAJIRI(他にいたらすいません)


 メキシコでは、ウルティモ・ドラゴンが有名だが、アメリカではパッとしなかった。アメリカのプロレス(主にWWEだが)は、いくら他で有名でも、自分の所にあった選手、しっかりとレスリングが出来ない選手、ストーリー上で活躍出来ない選手は、すぐに首を宣告される。かなり厳しい世界だ。


 そんな中、TAJIRIは、メキシコからECWへ転進しECW崩壊後WWEへとステップアップした。ECW崩壊後WWEに行った選手は、ごくわずかだった。そんな中TAJIRIはWWEに認められたのだ。その後の活躍は、皆さん知ってる通りだ。


 その対戦相手のグレート・ムタ・・・・・・・今はない、NWA(WCW)で活躍した選手だ。スティング、リック・フレアーらと日本人で当時戦った選手は、グレート・ムタだけだろう。それほどトップグループに食い込んでいた。日本人がどうやってアメリカで活躍できるかのお手本のような選手だと思う。

当時からいくつかのイメージチェンジを繰り返して、両国国技館のリングに立つ。今度はどんなムタを見せるのか?それに対してTAJIRIは融合出来るのか?その決着のリングはもう少しで訪れる。

 
by yakojik | 2006-08-26 00:15 | プロレス