人気ブログランキング |

私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik

2007年 06月 02日 ( 1 )

鯨を食べるという文化

 ちょっと頭が重いかな~飲みすぎだね。考えて飲むようにしよう!!


話は変わって、日本がIWCからの脱退も考えてるのをニュースで見た。IWCと言われても、良く分からないね。IWCは国際捕鯨委員会の略です。


 日本が昔から鯨を取ってた地域に関して、部分的に漁解禁に向けた決議案をIWCに出したが、反捕鯨国はこれを批判し日本は決議を求めず断念した。ちなみに反捕鯨国のアメリカでは、先住民が鯨の捕鯨を例外的に認めている。詳しい記事はこちら


 ここで分かって欲しいのは、環境悪化で減少しているカワイルカを除くと、絶滅する恐れは全く無いという事を分かって欲しい。むしろ、鯨を保護して来た結果、海の魚を大量に食し鰯(いわし)などの数が少なくなっているという結果に結びついてる。(海の中の自然連鎖が、崩れていると言われている)


 自分も鯨を食べた事がある。無理して食べようとは思わないけど、鯨を食べるという文化が日本には根付いているという事を分かって欲しい。何処の国にも文化があるように、日本にも鯨を食べるという文化があるのだ。文化を否定する権利は誰にも出来ないだろう。


 もう一つ、反捕鯨国がどうして捕鯨反対を訴えてるかを知ってくると、純粋な思いではなくむしろ自分達の利権のためにやってるといった方がいい。アメリカなどがその典型だろう。鯨を獲るのは悪だと言ってる、鯨は頭の良い動物だからとか言って捕鯨反対を言ってるが、ここで考えて欲しい、鯨と牛とは何が違うんだと。鯨はダメだけど牛は日本にも輸出するほど多く抱えてるくせに、言ってる事が支離滅裂だ。


 本で読んだけど、大自然で雄大に生きて戦った末に捕まった鯨と人間に飼われて、身内だと思ってた人間に食用肉として扱われる牛とどっちが幸せな人生を送ってきたを考えたら、自然と答えは出てくるんじゃないかな。
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ自分の国の文化を否定されると、ハッキリ言って不愉快だね。
by yakojik | 2007-06-02 13:27 | ニュース