人気ブログランキング |

私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik

2008年 11月 05日 ( 2 )

 G1タッグリーグを優勝したのは、天山&小島の天コジ組が優勝を飾った。開幕前から今一つ調子が出なかったが、この二人が優勝を飾れたのは、11・3での6人タッグでの直接対決がきっかけだったんじゃないかな。戦って気持ちを確かめ合う、この二人だから出来る決断が良い方向にいったって事だね。6人タッグマッチでは、天コジ以外の4人の若手の動きが非常に良かった。いずれは4人がお互いの団体を背負って行くんじゃないかな。それでは写真を観て下さい。
b0082484_22155761.jpg

b0082484_2218063.jpg
b0082484_22182028.jpg
b0082484_22183820.jpg

b0082484_22191325.jpg
b0082484_22193327.jpg
b0082484_22195120.jpg
b0082484_2220993.jpg
b0082484_22202169.jpg
b0082484_22203892.jpg

b0082484_22222776.jpg
b0082484_22224640.jpg
b0082484_22225753.jpg


人気ブログランキングへ←現在第7位。いつもありがとうございます。
by yakojik | 2008-11-05 22:29 | プロレス
 メインイベントは、三冠ヘビー級選手権試合〈王者〉グレート・ムタVS〈挑戦者〉鈴木みのるの一戦。お互いがお互いの領域を持った選手同士の一戦は、摩訶不思議な空間がリング上を覆っていた一戦になった。観る人によって評価の分かれる試合だったと思う。グレート・ムタ、鈴木みのるの二人のキャラで試合を観てると、あの結末に不満があるかも知れないが、試合自体を観ていると、細かいグラウンドなどでしっかりと魅せている。鈴木選手が繰り出したヒールホールドも昨年の鈴木VS武藤の三冠戦の延長上のヒールホールドとして見れば、それだけの意味が出てくる。グレート・ムタの試合に関しては、素晴らしい試合や凄い試合というよりも、グレート・ムタの空間と対戦相手の空間の融合か拒否反応かそこら辺を観て楽しむべきなんじゃないかな。そして、試合後には思いがけない人物がリング上に登場した。それでは、写真もいっぱい撮ったので良かったら見て下さい。
b0082484_23572773.jpg
b0082484_23574220.jpg

b0082484_23581533.jpg
b0082484_2358336.jpg

b0082484_23591666.jpg

b0082484_011434.jpg

b0082484_23594828.jpg

b0082484_01189.jpg
b0082484_012588.jpg
b0082484_014875.jpg
b0082484_02988.jpg
b0082484_022699.jpg
b0082484_02424.jpg
b0082484_03643.jpg
b0082484_032169.jpg
b0082484_033388.jpg
b0082484_035766.jpg
b0082484_041483.jpg
b0082484_042680.jpg
b0082484_043947.jpg
b0082484_05212.jpg

b0082484_06339.jpg
b0082484_061483.jpg


人気ブログランキングへ←現在第7位!!たまには変わった観戦記も良いかな。
by yakojik | 2008-11-05 00:11 | プロレス