人気ブログランキング |

私yakojik対あらゆる同士との対抗戦


by yakojik

<   2006年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 プロレス大賞が決まったね。予想通りとそりゃないだろ~と言う結果(新人賞のHG)に終わったけど、自分の中で「今年もダメだったか・・・・・」と少しばかりガッカリした発表があった。女子プロレス大賞は今年も該当者がなく、今年で何年だろう?忘れるぐらい受賞者が出ていない。


 全女が全盛期の時は、必ず毎年受賞者がいたのに、何でこうも該当者なしなのかな・・・・・・今年は何人かいると思うんだけどな~例えば大日でデスマッチにもチャレンジした木村響子選手やNEOで今年1年連続防衛をした田村欣子選手やメキシコでベルトまで取り、髪切りマッチにも勝利したHIROKA選手など受賞してもおかしくないと思ったんだが・・・・・・・


 自主興行や会場も小さな所でしか今の女子プロはやってないけど、その中にも頑張ってる選手などが要るんだから、どんどん受賞者を出しと欲しいと思う。今年は若手も沢山出てきたし、そんな選手の良い目標になる様な気がするんだけどな~
by yakojik | 2006-12-12 23:36 | プロレス

大きな大きな夢を持って

 ノアに関してはあまりこのブログでは書いてませんが、一応チェックは忘れてません。昨日も武道館大会はG+で見ました。V・Mの試合やSUWAの引退発言、ジュニアタッグの戦いは、チャンピオンチームよりも愚連隊の方が光ってたかな。高山選手はまだ本調子には戻ってなかったね。メインはプロレスの未来のためには、三沢さんがここで負けてもらっちゃこまるという勝手な気持ちで見ていた。正直に良い試合だった。ファンが喜ぶのも分かるね。メイン後、森嶋選手がリングに上がり、次期挑戦者に名乗りをあげて、また三沢さんの体が心配だ。


 そしてもう1人、大きな夢を持った選手がリングに上がった。入場曲が鳴って、武道館はおおいに盛り上がってるように見えた。自分はそれとは逆に武者震いがしていた。それと同じような感じになったのは、後楽園での健介選手の復帰発言の時と同じような感じだった。スーツに黄色?(金色?)のネクタイをした小橋選手がリングに上がった。


 小橋選手がファンの前でリングに上がるってのは、かなりの覚悟がいる事だと思う。自分に妥協をしない選手だから、覚悟がないと上がる事はしなかっただろう。その覚悟を導いたのは、ファンの小橋選手に対する声援だったんじゃないかな。小橋選手はそうゆう選手だと思う。(自分勝手な考えだけど)


 まだまだ復帰とは行かないだろうけど、ファンはいつまでも待ってるから、安心して治してもらいたいね。選手が頑張ってれば、ファンは必ず付いていくから。
by yakojik | 2006-12-11 22:31 | プロレス
 WMFの第4試合、gosakuVSX(保坂秀樹)の試合は、有刺鉄線&凶器持込デスマッチとして行なわれた。自分は、デスマッチもプロレスの種類として認めている。大日本のデスマッチは、凄いデスマッチをいくつも行なわれている。デスマッチを見る時にファンが心を動かされて声を上げ応援するような試合は、試合の中でいかに凶器をうまく使うか?決して凶器に頼るような試合は見ていて何も感じない。逆にそんな試合はただの残酷ショーでしかない、昨日行なわれた試合はただの残酷ショーでしかなかった。試合の中に凶器が有るのではなく、凶器有っての試合でしかなかった。それにファンを無視した試合がずっと続いていった、戦ってる選手はそれで満足かも知れないが、見ている自分やファンの方を無視して行なわれてる試合ってどうなのよ?自分の近くにいた親子は母親がリング上で行なわれている試合を見せないように子供の目の所に自分の手で覆い隠していた。WMFのファンだと思われる女性の方も顔を下にして見ないようにしていた。ファンの方はだったら見に来なきゃ良いだろと言う人もいる、それっておかしいじゃない、こっちはお金を払って見に来てるのに、ファンを無視した試合を見せられておとなしく出来るかって。この試合で自分はただ腹立たしい思いしか感じなかった。試合後のFMWやW★INGの時の試合をまたやろうと言ったgosaku選手、あの時と今ではファンが見たいっていうデスマッチは進化してるんだよ。あの時のデスマッチは、あの時だからファンのニーズに合ってたのに、そんな事も気付かないのか・・・・・・・自分勝手な試合は何の感動も生まれないし、ただの時間の無駄だって。この程度で騒ぐなよと思う方とは、見ているポイントが違いますので、無視してください。一応、写真も撮ったので載せときます、あまり見ていてキツイ写真が多いので、見てもなんの感動もないし、気持ちが悪くなるかも知れませんので、そんな方は飛ばしてください。
















b0082484_2215334.jpg

b0082484_2216597.jpg
b0082484_22172324.jpg
b0082484_2218596.jpg
b0082484_22182312.jpg

b0082484_22193539.jpg

by yakojik | 2006-12-10 22:29 | プロレス
 今は深夜1時過ぎだからもう昨日か、プロレスファンの頭の中にはノアの武道館や新日の愛知県体育館の事でいっぱいだろうけど、自分は新木場の方に行って来ました。
b0082484_141323.jpg
b0082484_142687.jpg

WMFの大会が新木場の方であったので、行って来ました。プロレスの事ならある程度、頭に入ってるけどWMFに関しては最近は興味が無かった。あるブログさんにお邪魔をして、興味を持ち始めたのが始まりで、いつか行こうと思ってたいた。丁度時間があったので行って来ました。
b0082484_1491910.jpg

b0082484_1514222.jpg

新人の河野選手が捕まる展開が最初っから最後まで続いた。新人のがむしゃらさも無く、終始見せ場が無く終わってしまった。残念。
b0082484_1542136.jpg
b0082484_1543166.jpg
b0082484_1545180.jpg
b0082484_155844.jpg
b0082484_1551968.jpg

第2試合、にゃんこキッドVS木村響子の試合。にゃんこキッドはWMF所属になったんだったよな~意外と面白い試合になった。キャラがハッキリとしてくれば、もっと人気が出ると思う。それに、木村選手も戦いの幅が出てきてるのが、見てて分かった。自分の今年の女子のMVPは木村選手だね。メダルは入場時に投げ入れたのをゲット!!
b0082484_1584872.jpg
b0082484_159855.jpg
b0082484_1592818.jpg

神威が捕まる展開。この4人ならもっと出来たと思うのだが・・・・・・最後は神威がダイビング・ボディーアタックを切り返されて負けてしまった。
b0082484_23552.jpg

b0082484_24457.jpg
b0082484_25139.jpg
b0082484_251465.jpg
b0082484_253451.jpg
b0082484_254556.jpg

後藤選手が無我スタイルでやってやると言ったのに雁之助選手は応じて無我スタイルに。終始グランドの展開、後藤、雁之助両者の実力が改めて分かるような試合。最後は後藤選手のバックドロップで勝負あり。見ごたえのある試合だったが、なにか胸につっかえるものがあった。それはWMFのリングなのに何で無我のスタイルで戦わなきゃいけないのかだ。無我の興行ならそれで良いがここはWMFのリングであるのを考えるとファンは雁之助選手の勝利を期待してたのに、どうして無我のスタイルに応じる必要があったのか?
b0082484_2143114.jpg

試合後、無我出場を誓う雁之助選手・・・・・・後藤選手も推薦するらしい事を言ってたが・・・・・自分は今日勝つ雁之助選手を見たかった。
b0082484_2164042.jpg
b0082484_2165530.jpg
b0082484_217837.jpg
b0082484_2172971.jpg
b0082484_2174680.jpg

 メインは若い2人の戦い、ソルジャーVS藤田峰雄の試合だ。この試合は非常に見ごたえがあった。2人とも、持てる実力をフルに出した試合になった。これからが楽しみな2人の試合だった。欲を言えば、もっと他団体に揉まれて大きくなって欲しい、藤田選手は大阪の方に出てると思うけど、もっともっと大きくなれる選手なのでいっぱい揉まれて欲しい。


 実は第4試合の有刺鉄線ボード&凶器持込デスマッチのgosakuVSX(保坂秀樹)戦は、載せてません。この試合に関しては言いたい事が山ほどあるので、この後に書きたいと思います。あと、メジャーもインディーもあまり関係なく見てるが、やっぱし時間は守った方が良いよ。あの寒い中、待たされてさらに10分以上も外で待たされると、それだけでプロレスを見る気持ちが冷めてしまう。インディーだから許されると思ってると、初めて見に来たファンは次は足を運ばないんじゃないかな。それともう1つ、リングアナ!!選手がリングで戦ってる時にあくびなんてするんじゃないよ!!
by yakojik | 2006-12-10 02:45 | プロレス
 ドーム大会での追加カードが決まった。金本浩二&タイガーマスク&カズ・ハヤシ&TAKAみちのく&井上亘VS獣神サンダー・ライガー&稔&ミラノコレクションA・T&近藤修司&“brother”YASSHIの10人タッグマッチだ。


 なんで10人タッグなのかな?これだけの選手がいれば、もっと違う組み合わせが出来ると思うのにな・・・・・・・ハッキリ言ってもったいないと思うよな~


 新日本プロレス、全日本プロレスのジュニアの良いとこ取りのカードだけど、これだけの選手がいれば、カードが2、3試合は出来ると思うのに、このカードだったら、ドームでジュニアの選手権はなしになるしな・・・・・この10人なら、良い試合はすると思うけど、それでも混ぜすぎじゃないかな。


 ファンが望むカードを出すって言ったんだから、もっと頭を使ってカードを出してもらいたい。団体の都合よりも、今はドームでいかに良いカードを持ってくるかによって、足を運ぶか考えてるファンがいるのに。このカードはファンが望んでいるカードだとは、到底思えない。
by yakojik | 2006-12-09 00:28 | プロレス
 大晦日に行なわれるDynamite!!が18:00~23:30の5時間30分の放送が決定した。レコード大賞は30日にやるみたい。


 決まってるカードは魔裟斗VSチェ・ヨンスのK-1ルール3分5ラウンドの試合と秋山成勲VS桜庭和志の2試合。そして今日決まったのが、所英男VSホイラー・グレーシー、永田克彦VS勝村周一朗、そして曙VSジャイアント・シルバの3試合が決まった。


 曙か~最近新日本プロレスに上がってなかったから、出るんじゃないかな~との思ってたけど、やっぱし出るんだね。谷川氏はK-1で負けた後、もうオファーは出さないって言ってたと思うんだけど、総合は別なんだね。やっぱし腐っても横綱だし、それなりに数字も取れる曙だから出て欲しいんだね。それに相手がジャイアント・シルバか・・・・・・なんか微妙だな~シルバってハッスルの方もいつの間にかいなくなってたと思ったら、K-1サイドの方に行ってたんだね。曙とシルバが戦ってファンは盛り上がれるのかな~2人とも動きも遅いし技も無いし・・・・・曙なんて結局ロープまで押し込んで何も出来ない、いつものパターンだろうな~


 5時間30分の長丁場をDynamite!!は乗り切れるのかな~曙の総合の試合なんて、ハッキリ言って見たくないんだけどな~
by yakojik | 2006-12-08 23:08 | 格闘技
 やっぱし無理があったのかな・・・・・・・ポール・ヘイマンがWWEを解雇されたらしい。低迷する視聴率が大きな原因らしい。


 もともと無理があったんだと思う。ECWが何で人気があったのかは、その対極にWWEがあったからだと思う。ハードコアあり、ルチャの要素があり、しっかりとしたプロレスを見せる選手がありとWWEが手をつけてない要素をうまく取り入れ人気を得たのに。それなのに、WWEの第3ブランドとして誕生したECWは、結局WWEの中に守られてるECWであって、当時の熱は生まれてなかった。それにECW自体に独自の方向性が生まれてなく、何処を目指してるのかがイマイチ分からなかった。


 ヘイマンが解雇になってもWWE自体にはそれほど影響が無いだろうけど、ヘイマンのいないECWってECWなのかな・・・・・名前だけ借りてやってるようなもんだったけど、より一層ECWが壊されていくような気がする。あの時の熱を生まれる前にECWが崩壊するのもそう遠くないかな。(ドリーマーやサブゥーもECWあってのレスラーだから、ECWに何かあったら真っ先に切られるのはそうゆう選手だしな・・・・・・)
by yakojik | 2006-12-07 22:08 | プロレス
 新日本プロレスのドーム大会まで、もう1ヶ月を切った。これまで3試合のカードが決まったが、これに関してはいろいろ反論もあると思うが、自分的にはアリだと思う。例えばIWGPで太陽ケアではなく武藤敬司が挑戦者だったとしたら、話題にはなるがこれから先のプロレス界を考えた場合、次世代の選手が前面に出てこなければいけないと思う。その点では、ケアは全日本の将来を背負わなきゃいけない選手だし、新日の方も棚橋、中邑などが背負わなきゃいけないと思う。その点では、今回のIWGP戦で未来が見られる試合を期待したい。


 まだまだ出てきてないカードもあると思う。V・MのTARUも長州を意識してるらしいし、このカードって意外と面白いと思う。例えば長州&曙VSTARU&RO’Zなんて面白いだろうな~それに山本VS諏訪魔なんて若手?(諏訪魔ってまだキャリア3年経ってないんだよな~)対決で面白いと思う。それにジュニアの対決もIWGPジュニアと世界ジュニアのタイトルマッチも組まれるみたいだし、ジュニアの試合はハズレが無いから期待出来ると思う。


 自分的には久しぶりに期待出来るドーム大会だと思う。新日単独でやるような話の時は、失敗するだろうな~と思ってたが、全日も協力してドーム大会が楽しみになってきた。満員でファンの歓声で熱気が溢れるドーム大会を期待したい。
by yakojik | 2006-12-06 23:42 | プロレス

毒霧

 毒霧と聞いて誰を思い浮かべるかな?多分この質問は、答える選手によって年代が分かれると思う。(ちなみに自分はグレート・ムタだ)


 ムタよりも前に、アメリカで日本特有のスタイルを築いたのは、ザ・グレート・カブキだ。顔にはペイントをしてコスチュームも日本らしいコスチュームで戦っていた。そしてカブキを有名にしたのは、毒霧だろう。毒霧があったからカブキはアメリカでも有名になれたんじゃないかな。


 そのカブキの息子として登場したのが、ムタだった。新日本プロレスからアメリカへ修行の過程で生まれたキャラクターだ。ムタはカブキ以上に人気が出ていった。日本のスタイル+アメリカンスタイルをうまく織り交ぜながら戦っていくムタの特徴も毒霧だった。ムタの毒霧は本当にいつ飛び出してくるのか分からない。口の中でどうなってるのかも分からない。きっとムタ自身しか分からないんだろうな。


 ムタから10年の月日が過ぎて出てきたのが、TAJIRIだった。TAJIRIもアメリカ人が想像する日本人をうまく演じていた。TAJIRIもあやしく、なおかつうまいレスラーだ。そんなTAJIRIも毒霧をうまく使い戦っていた。毒霧が一つのハイライトになっていた。


 毒霧って試合で見た事あるが、それだけで得した気分になるんだよな~普通は反則なのに。なんでか見てしまう、そんな反則って毒霧しかないんじゃないかな。
by yakojik | 2006-12-05 23:43 | プロレス
前から1回は見たいな~と思ってた放送が、昨日CSであった。1997・10・10のみちのくプロレス両国大会「サスケからダイオキシン」だ。


 みちのくプロレスの中でも最高水準の大会だろう。第1試合目からメインまで流れるように過ぎていって、まったく無駄の無い大会だった。各試合ごとにストーリーもしっかりしていて本当に面白かった。


 WWF(今はWWE)からアンダーテイカーとサミーちゃんも来日して花を添えている。トリプルメインは今見てもプロレスって良いな~と思える試合だった。アンダーテイカーあり白使あり海援隊ありデルフィンの復活がありTAKAVSサスケの試合がありとホント凄い大会だったんだね。


 今もみちのくはジュニアが主体の団体だけど、今と昔の違いは昔のジュニアの選手達は一つ一つの技が重いのだ。何気ない技でも、見ていると本当に重く見える。今の選手達は多彩な技で飛び技とかも凄い飛び技とかするけど、技自体に重さが無いのだ。今のみちのくで戦ってる選手たちとこの両国大会に出ている選手たちの年齢も近いのに、この違いは何なんだろう?


 自分が思うには、何気ない技でも大切に使ってるかどうかの差じゃないかなと思う。どんな技でも大切に使ってると、見ているファンには伝わってくるものだと思う。
by yakojik | 2006-12-04 22:13 | プロレス